アウディ90の特徴と現在の買取価格

90はドイツの自動車メーカーのアウディが1984年から1995年まで製造販売していた乗用車で、現行モデルのA4の前身モデルになります。初代90は、1984年に80がマイナーチェンジを行った際に、上級グレードのアウディ・100に搭載されていた直列5気筒2,300ccエンジンを移植し、直列4気筒を搭載する80とは分離する80の上級モデルとして登場しました。また4輪駆動のクアトロも合わせてクワトロ90となりました。

80と90の外観上の違いは、ヘッドライトがフォグランプと一体化されたサイズアップされていることや、テールランプも左右一体となったこと、また、クロームメッキのトリムが増えたことなどがありますが、全体のフォルムに違いはありません。1986年に80がフルモデルチェンジしたのに合わせて、90も新型に移行します。エンジンは115馬力を発生する直列4気筒2,000ccが新たに加わり、従来からの136馬力を発生する直列5気筒2,300cc、177馬力を発生する2,300cc DOHC 20バルブの3種類が用意されました。また独自の安全技術が導入され、安全性も高められています。1991年には80がビッグマイナーチェンジしたのを機に、ヨーロッパでは90の名前が消滅します。また5ドアワゴンのアバントが追加されました。

アウディ90の買取に関しては、販売終了から20年以上が経過しているために、かなり厳しいでしょう。ただ、アウディ90クワトロは希少性が高く、大切に乗り続けているオーナーは少なくありません。少しでも高く売りたい場合は、高価買取の常とう手段である、複数の買取店を競合させてみることです。1社では査定ゼロと言われる可能性が高くても、複数かけもつことで、5万円くらいは引き出せる可能性が高くなります。旧車を扱っている買取店もおすすめです。走行距離が少なく、コンディションが良ければ高価買取を狙うことも可能です。